男性社員の皆様へ

育児目的休暇制度を活用しましょう

■育児目的休暇とは

配偶者の出産支援や、小学校就学の始期に達するまでの子供のために年次有給休暇とは別で取得できる制とのことです。

以下の場合に活用することをお勧めしています。

・妻の出産前に入院準備を手伝うとき

・妻の出産に伴って育児が必要になったとき

・入学式や卒園式等の行事に参加するとき

■取得要件

・1年間につき60日まで取得可能。(1日単位の取得

 可能)

・育休時の賃金は無給とする。

■手続き方法

申出は事前に所定の様式により必要事項を記入の上行って下さい。

要件を満たしている方はどなたでも申請可能です。

参考:育休の他にも男性が使える両立支援制度が複数あります。

(育児休業・時間外労働の制限・短時間勤務制度・深夜業の制限・子の看護休暇制度・所定外労働の免除)

お電話 メール LINE
TOP
FAQ
採用情報

▶︎ 法人様

企業法務
知的財産
法務監査
倒産

▶︎ 個人様

労働事件
不動産
相続
歯科
離婚男女問題
交通事故
インターネット
刑事事件

▶︎ 事業所紹介

代表挨拶
在籍弁護士
オフィス

弁護士法人 THP
所属弁護士会:第二東京弁護士会
TEL:03-6260-8586
東京都千代田区神田須田町1-10-42エスペランサ神田須田町9B

Copyright ©️弁護士法人THP All Rights Reserved.

ページトップへ戻る