不動産

         

投資用マンション被害をはじめとする不動産投資トラブル、不動産売買、建築トラブルなど不動産に関わる問題はお任せください。ご相談者様の置かれている状況に合わせて最適なご提案を行い、解決に向けて不動産分野で経験豊富な弁護士が全力でサポートいたします。

不動産案件に特化した体制

法律の分野は多岐にわたるため、 専門分野以外は苦手な弁護士が多いのが実状です。 弊所には宅建資格を持っている弁護士や、不動産賃貸借契約・売買契約をはじめ、立ち退き・立ち退き料を巡る問題、明け渡し請求、共有財産の利益配分問題、マンションを巡る問題など、様々な問題を経験した弁護士が在籍しております。これら不動産案件に特化したスペシャリストが対応いたします。

◆不動産投資トラブル解決の豊富な経験

「長期安定的な収入を期待したのに思うように収益が上がらない」
「不動産投資トラブルに巻き込まれてどうすればいいか分からない」
「住宅ローンで投資用マンションの購入を勧められる」
「とりあえず契約させようとして、契約後に解約しようとしたら違約金がかかると言われた」

このようなやり方で契約させられている場合、契約を解消して物件を買い戻してもらえる可能性があります。
詐欺行為や長時間の勧誘行為、不当な契約は法律違反です。悪徳業者や不動産業者に対して、不動産分野で豊富な経験を持つ弁護士がご相談者様に代わって交渉いたします。

◆ 建築トラブルにも対応

「建物に構造上の欠陥が疑われる」
「住み始めたあとに欠陥住宅だと分かった」
「注文した内容と異なる仕様の建物が引き渡された」
など、建築トラブルのご相談も対応可能です。弊所には宅建資格を持つ弁護士や不動産案件に特化している弁護士が複数おりますので、まずはご相談ください。

このようなお悩みはありませんか?

・将来のためにと思い、投資用マンションを購入したが不安
・不動産会社から言われるままに購入してしまったが、後悔
・強引な勧誘を受けて物件を購入してしまったが、無かったことにしたい
・資産になるどころか毎月の持ち出し金が増えて返済が苦しい

不動産案件は契約してから時間が経つほど交渉の難易度は上がります。
より良い解決を得るために、まずはお問い合わせください。

取扱分野

不動産売買
投資用マンション被害
建築トラブル
賃料未払い
マンション管理 など

お電話 メール LINE
TOP
FAQ
採用情報

▶︎ 法人様

企業法務
知的財産
法務監査
倒産

▶︎ 個人様

労働事件
不動産
相続
歯科
離婚男女問題
交通事故
インターネット
刑事事件

▶︎ 事業所紹介

代表挨拶
在籍弁護士
オフィス

弁護士法人 THP
所属弁護士会:第二東京弁護士会
TEL:03-6260-8586
東京都千代田区神田須田町1-10-42エスペランサ神田須田町9B

Copyright ©️弁護士法人THP All Rights Reserved.

ページトップへ戻る