遠藤純平(弁護士)

         

所属弁護士会:第二東京弁護士会

経歴

大学 :明治大学法学部法律学科
大学院:明治大学法科大学院
修習期:73期

主な事件,案件,業務

一般民事、家事、刑事、労働など

弁護士を志したきっかけ

父が税理士であり,幼い頃から父の仕事を見てきました。父の下を訪れた方々は,お帰りになるときに安堵の表情をされているのが印象的でした。そのような父を見て,私も人に安堵感を与えられるような仕事をしたいと思うと同時に,私自身笑顔を見るのが好きなので人に笑顔になってもらえるような仕事がしたいと思っておりました。その後,私は,多くの人の悩みを解決でき,より多くの人に安堵感を与えられ,笑顔になってもらえるために,弁護士を志しました。

抱負・メッセージ

今,弊所のホームページをご覧いただいているということは,何か悩み事をお持ちなのではないかと思います。そのような方は,今日まで,悩み,不安になり,辛い日々を頑張って乗り越えられてこられたことと思います。ですが,あと1回だけで良いので頑張っていただきたいです。それは,弊所に電話をして今の悩み事を話していただく,あるいは弊所にお越しいただいて今の悩み事を話していただくことです。みなさんが悩み事をお話しいただければ,私たちがみなさんに代わって頑張らせていただきます。これからは,みなさんの不安や辛さを私たちも一緒に共有させていただき,その不安や辛さが2分の1でも,3分の1でも軽くなればと考えております。「法律的な話じゃなかったらどうしよう」や「こんな小さな悩みを弁護士に話しても良いのか」などと思わないでください。愚痴や雑談でも話すことで楽になることは往々してあります。その話し相手として私たちがおります。それが法律で解決できるのであれば,私たちが全力で対処いたします。残念ながら法律で解決できなくても,一緒に悩み,良い方向に向かっていけるよう一緒に考えます。
また,今,みなさんが抱えている悩みに大きい小さいはございません。みなさん一人ひとりが,すでに悩まれている以上,それは重大な悩みであるはずです。その重大な悩みを解消するために私たちがおります。
ですので,一度,みなさんの悩みを私たちにお話しください。みなさんの悩みを解消し,心から笑える日を迎えるため,またみなさんの人生をより良く,豊かにするために私たちは,全力で対処いたします。
私は,これまで挫折の多い人生でした。高校受験,大学受験と失敗し,司法試験も複数回受験しました。その当時は,目の前が暗くなり,人生に希望を見いだせない状況であったことを今でも鮮明に覚えております。ただ,そういった挫折や苦労があったからこそ,今の自分があると考えています。人の何倍も苦しみ悩んだからこそ,人の痛み辛さが人一倍わかるようになりました。
奇しくも,私が弁護士を志したきっかけであり,目指すべき弁護士像である,一人でも多くの方の悩みを解消し,辛い状況を打破し,より良い人生を送っていただくサポートをしたいという土台を築くことができました。
これからも,これまでの経験を忘れず,理想とする弁護士像に一歩ずつ近づけるよう精進してまいります。

言語

日本語・英語

趣味

ランニング、野球観戦、美術館鑑賞(印象派)、お酒を飲むこと

お電話 メール LINE
TOP
FAQ
採用情報

▶︎ 法人様

企業法務
知的財産
法務監査
倒産

▶︎ 個人様

労働事件
不動産
相続
歯科
離婚男女問題
交通事故
インターネット
刑事事件

▶︎ 事業所紹介

代表挨拶
在籍弁護士
オフィス

弁護士法人 THP
所属弁護士会:第二東京弁護士会
TEL:03-6260-8586
東京都千代田区神田須田町1-10-42エスペランサ神田須田町9B

Copyright ©️弁護士法人THP All Rights Reserved.

ページトップへ戻る